RSS | ATOM | SEARCH
4月19日 入門

4月19日の入門クラスでは、先週の復習が主でした。
発音するときに口を大きく開けるようにと何度も練習しました!
まず、介音+主母音+尾音を一声で発音し、その次に頭子音を付け加えて発音しました。
最後に声調を入れて発音!
頭子音+介音+主母音+尾音を滑らかに口の形を変えて発音していくのは、とても難しい!
顔の筋肉をたくさん使います!アンチエイジングにちょうどいいかも!
次に有気音、たとえば「上海:shang4hai3n」の発音練習には、口の前に紙をぶら下げて紙が息で動くよう発音すると良いようです!
来週26日は、課本10頁下段の会話を本を見ないで、2人一組で練習します!
さて、カンペはどう作ろうか?
4月から入門クラスの広報担当になった尾でした!

 

 

author:多摩中, category:入門編, 09:11
-, -, - -
4月12日 金曜日 入門

4月12日金曜日

出席者;7名 

発音と4声 基礎の基礎を学習中 何度学習しても何らかの新しい発見があります。

他の初級、中級 一般会話の人も、聴講をお勧めします。

 

中国語の有声音と無声音 日本語の清音と濁音 の相違点を学習しました。

有声音は、強く息を出す、無声音は、弱く息を出す

清音は、息を出す、 濁音は、声帯を使って息を出す

根本的な違い、理解しやすいでしょ、是非見学においでください。

 

中国語の韻母についても、学習しました。

韻母をさらにくわしく区分けすると、

介音・主母音・尾音 になります。

表…biao bは声母 iは介音 aは主母音 oは尾音

 

宿題;今日の講義を復習します。上記以外も学習しました。

思い出しておいてください。 

author:多摩中, category:入門編, 09:41
-, -, - -
4月5日入門

胡先生の、入門がスタートしました。

初めて、中国語に接した人も入れて、出席者10人

自己紹介から、始まりました。

中国語の四声のお話を聞き、現代中国の詩を

先生が、優雅に発音され、いいなぁ と、うっとりしました。

四声の発音、日本語の高低差が、ドレミの ミとソ なら中国語は 

ドからラ くらい 音程の高低差が有るんだな、と思いました。

日本人が、大げさに高低差を付けて、中国語を話しても、中国人が聞くと

ちょうど良いのかもしれませんね。

 

 

author:多摩中, category:入門編, 09:24
-, -, - -
2019年3月27日 入門クラス

3月27日 入門クラス 頼老师 参加者8名

 

本日は入門講座の最終講義でした。教科書の1課〜10課までの総復習でした。

総復習ですが、日常的に中国語を使わないと、授業でやった内容はどんどん忘れてしまうような気がしました。


最後に今まで入門講座で覚えたことを活用して、文章を自由に作りました。みなさん中国語を始めた切っ掛けや、これからやりたいことなどを文章で発表しました。

 

授業を通して、教科書の内容だけではなく、中国語の発音を正しく覚える大切さや中国の文化などを知ることができました。中国語を続けること、楽しむことが中国語が上達するポイントということを実感しました。


頼老师に、私を駄目な例としてあげれたりして、嫌な思いをすることも多くありましたが、私のためにやってくれたと捉えています。

 

一緒に勉強していただいたメンバーのみなさん ありがとうございました。

author:多摩中, category:入門編, 22:59
-, -, - -
2019年3月6日 入門クラス

3月6日 入門クラス 頼老师 参加者8名

 

本日は発音の授業でした。発音練習のテストをしました。テストは筆記テストです。6つの項目がありました。

 

〇テストの内容
1.発音を聞いて、読まれた母音に〇をつけ、さらに読みくらべましょう
2.発音を聞いて、読まれた子音に〇をつけ、さらに読みくらべましょう
3.発音を聞いて、声調符号を正しくつけましょう
4.発音を聞いて、子音を書き取りましょう
5.発音を聞いて、母音と声調を書き取りましょう
6.発音を聞いて、ピンインを書き取り、さらに読んでみましょう

 

特に5と6は、難しい印象がありました。テストは自分の苦手部分がわかるので、どこを集中的に勉強すればいいか把握できますね。
 

〇似ている発音やあやふやな発音は、単語で覚えると思い出しやすいそうです。
「qī」と「chī」の発音を思い出す単語は、「qī」……「七」(数字の7)と「chī」……「吃」(食べる)になります。

 

「shì」の発音を思い出す単語は、「shì」……「是」(そうです)になります。

author:多摩中, category:入門編, 22:57
-, -, - -
2019年2月27日星期三

出席9名、見学の方1名。

 

「私の中国語、分かりますか?」を

 

相手に聞きたいとき。

 

明白吗?听懂吗?でもよいのですが

もう少し丁寧に聞きたいときは

「我说的汉语怎么样?」(私の中国語、どうかしら)

と言ってもよいですね。

 

今日の授業では

「想」「打算」「要」の使い分けについて。

 

左から右に行くにつれて現実味が高まるかんじです。

このフィーリングを覚えましょう!

 

我要学習漢語!

 

では

星期三見!

author:多摩中, category:入門編, 23:14
-, -, - -
2019年2月20日 入門クラス

2月20日 入門クラス 頼老师 参加者8名

 

暖かくなったり、急に寒くなったりする季節ですね。体調管理が大変です。

 

本日の授業内容は第8課(48P〜51P)でした。
・場所を示す指示代名詞
・所有、存在を表す「有」構文
・お金をいくら持っていますかの会話練習
・所有、存在を表す「有」を使った作文練習(P51)

 

「お財布を持っていますか?」「お財布にはいくらのお金が入っていますか?」をテーマに、2人グループを作り、内容を考え、会話の練習をしました。

author:多摩中, category:入門編, 13:21
-, -, - -
2月13日(水)入門クラス休講です

 

 2月13日(水)

 入門クラスは休講です!

  お間違いないよう・・・

  よろしくお願いします。

author:多摩中, category:入門編, 12:45
-, -, - -
2019年2月6日 入門クラス

2月6日 入門クラス 頼老师 参加者6名


中華圏の春節(旧正月)でよく流れる曲「恭喜恭喜(ゴンシィー♪ ゴンシィー♪)」意味は「おめでとうございます」です。「恭喜恭喜」は色々な歌手が歌い、色々なバージョンがあります。テレサテンが歌う「恭喜恭喜」は特に有名です!

 

本日の授業内容は第8課(48P〜50P)でした。
・場所を示す指示代名詞
・所有、存在を表す「有」構文

author:多摩中, category:入門編, 22:44
-, -, - -
2019年1月30日星期三

 

最初の話題は、春節について。

もうすぐ春節。

中国では、いまが年末年始ということで

わくわくざわざわそわそわ忙しかったり楽しみだったりするそうです。

 

春節には、春節らしい飾りものがたくさんあります。

 

魚をモチーフにしたものもよく見かけますが

これは「年年有餘」(お金や食べ物に不自由しない)の「餘」が「魚yu」の発音と同じなので

縁起がいい!ということで用いられているそうです。

そのほか、「福」が逆さまになっているのは

「福到dao了」(福がやってくる)と「福倒dao了」(福がたおれている)が

同じ発音で、これまた縁起がいいということだそうです。

 

教室にも縁起のよい飾りがたくさん飾ってありますね。

 

さて、授業では

「因为,所以」原因と結果を表します。

 

因为はよく省略されて隠れているので要注意です。

 

そのほか、二人組で、飲食店の店員と客になり作文と会話練習をしました。

 

それではまた次回

星期三見!

author:多摩中, category:入門編, 22:59
-, -, - -